社員教育制度

入社時に社内マニュアルに沿って安全運転教育を行っております。

また会長塾を開催し(福岡・佐賀・長崎3回開催)お客様への感謝の気持ちを改めて確認する機会を設け、お客様第一の気持ちを共有しております。

安全教育制度

安全で確実な配達のために「月1回安全運転教育勉強会」や「自動車学校による特別安全講習受講」を行っております。

日ごろの取り組みが認められGマーク

(安全性優良事業所)を取得致しました。

運輸安全マネジメントの取組み

令和2年度 第32期(2020.9.1~2021.8.31)

【わが社の事故防止のための安全方針】

●会社経営者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し社員に輸送の

    安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。

●安全運行はプロドライバーとしての社会的使命だと認識し、最優先して業務を遂行します。

●すべてにおいて「やさしい運転」を心掛け、安全・環境保全に社員一同取り組みます。

●安全輸送に関しての情報を積極的に公表します。

【社内への周知方法】

●安全方針を社内、各営業所へ掲示すると共にホームページへの掲載。

         【安全方針の基づく目標(2020年度安全目標)】

●人身事故「ゼロ」。労働災害事故「ゼロ」。物損事故「前期の半減」を目指す。

【目標達成のための計画】

●指差し呼称・三点支持・基本動作の徹底を、朝礼時および安全パトロール時に行います。

●輸送安全・交通安全・安全衛生教育または研修を月1回実施します。

●協力会社と共同の安全会議を年2回開催し事故撲滅のための具体策を共有する。

【わが社における安全に関する情報交換方法】

●社長は、方針・目標・計画への取り組み状況をチェックし、対策上の問題点を把握する。

●安全衛生委員会、各班ミーティングなどの場において、安全に関する情報を交換し共有します。

 運転者に対しては、日々の点呼時を主要な情報交換の場とします。

●事故発生時の緊急安全対策会議による情報交換と共有をします。

【わが社の輸送安全に関する反省事項】

●輸送安全・交通安全・安全衛生教育を行ったが、安全意識が向上しなかったため、

 事故削減につながらなかった。

           【わが社の反省事項に対する改善方法】

●安全指導・パトロール強化を図り、事故削減に努めます。

【わが社の輸送の安全に関する目標達成状況】

【わが社の自動車事故報告規則第2条に規定する事故】

​2019年度   重大事故発生件数   0 件

【反省事項に対する改善方法】

●事故発生後48時間以内に事故対策委員会を開催して事故防止策を検討し、後日改善方法を

    社内に掲示します。

飯盛運輸 株式会社

代表取締役 上田 浩和

車載装備等紹介

散水装備

(地域限定:佐賀地区)

ドラレコ

バックモニター

デジタコ

GPS装備

遮熱塗装

直射日光による

生コンクリート温度の上昇を抑止

© 2018 Iimoriunyu Proudly created with F.E.O.LLC